ガリアーノ

5/26  栗田徹厩舎
25日、26日は軽めの調整を行いました。「ブリンカー効果は間違いなくあったと思います。ただ、前半の行きっぷりはいいけれど、ペースが上がったときにやや遅れを取ってしまいがちです。芝がダメということはないのでしょうが、スピードの変化が大きい芝のレースよりダートのほうがベターなのかもしれませんね。まだ決め付けてはいませんが、次回は芝に拘らずダートも視野に入れて考えたいと思っています。レース後の様子を見ているところですが今のところ変わりありません。池添厩舎にいたときはカイバの喰いが細くなりがちで使い込みにくかったようですが、今はだいぶ食べれるようになってきています。少しずつ中身もしっかりしてきているところなのでしょう。調教の動きも最初の頃に比べれば良化してきていて、ようやくいいほうへ変わってきているような印象を受けますから、何とか結果も少しずつ変えていきたいと思っています。今後については馬の状態と出馬状況などをもう少し見てから判断するつもりです」(栗田徹師)

ダートかぁ。。。
まだ使ってくれそうなのは嬉しいところ。
ただ次も二桁着順だとなぁ。
ダートになると登録頭数も多いし悩ましいところ。

ガリアーノ

5/22  栗田徹厩舎
22日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り、中団を追走。前半から行きっぷりは上々だったものの、直線で追い出すともうひとつ伸びきれずに14着。「トモが弱いのと集中力にかけるようなところがあるので頭が上がってくるかもと先生から聞いていたのですが、そのような格好になることはなかったですね。前半の行きっぷりも含めてブリンカー効果があったということなのではないでしょうか。ただし、直線は手ごたえほど伸びなかったですね。追い出してからもう少しグンと伸びてくれるかと思ったのですが、ジリジリした脚になっていました。そのあたりを考えると体がもう少しパンとして、よりいいフォームで走れるようになれば変わってきてくれるのではないでしょうか」(浜中騎手)一度レースを経験したこと、ブリンカーを装着したことで道中の行きっぷりは良化していましたが、これからというときに速い脚を使えず、直線の攻防では遅れを取ってしまいました。短期間で一気に好結果が出ることを望むのは難しいものですし、現在も試行錯誤している段階です。なんとか今の苦悩が今後につながってきてほしいと願うばかりです。今後についてはまずレース後の状態をよく見た上で検討していきます。

正直、ダメダメな感じなレース。
前走はまだ伸びかけたけど、今日はイイとこ無し。
ショックでした。
やっぱりダートのほうがいいのか、というかやっぱ忙しすぎるような…

ガリアーノ

5/19  栗田徹厩舎
「ダートもダメということはないし、いろいろな面で考えていたのですが、今週はこれと思えるダートのレースがありませんでしたし、前回と今回で稽古の感触も変わってきているので、再度同じ条件を使ってみてどれだけの走りを見せてくれるか試してみることにしました。調教ではチークピーシズを着用しましたが、より集中力を高めるためにブリンカーを着けてみます」(栗田徹師)22日の東京競馬(4歳上500万下・芝1400m)に浜中騎手で出走いたします。

ということで、今週出走!
ただ、距離がなぁ…
浜中騎乗とかブリンカーとかは楽しみ。
まぁ、今後も続けて使ってくれるのなら、お試しというのはいいかもしれないけど。

ガリアーノ

5/18  栗田徹厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒1-52秒0-39秒6-13秒4)。「今朝の追い切りも先週と同様にウッドチップで行いました。少し離れた馬を追いかける形だったのですが、レース前などに見せていたズルさというか集中力が切れるような面を見せることはなく、仕掛けてからの反応もあったし、最後まで気持ちを見せてグッと伸びてくれましたよ。チークピーシズを着用していますが、そういった馬具の効果はありますし、一度使った上積みの分もあるのでしょう。今のところ今週か来週あたりの競馬を視野に入れているのですが、想定を見て今週にするか、来週あたりにするかをよく考えさせてください」(栗田徹師)

早くみたいなぁ。
芝がいいなぁ。
まぁ、どっちみち、今週と来週は見にいけそうも無いので、新潟あたりでいい走りして欲しいなぁ。
動きがいいのか悪いのかさっぱり分からんけど、チークピーシズに期待したいね。
レースでも着けてくるのかな。

ガリアーノ

5/12  栗田徹厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒7-54秒9-39秒5-12秒7)。「水曜日まではじっくり動かすことに主眼を置いて調整し、速いところは今朝から始めています。ウッドコースに入り、他馬と併せる形を取ったのですが、いい動きでしたね。追走から最内をまわる形だったのもあるのでしょうが、一度使われていい意味でピリッとしてきたようで、動きも前回より良くなっているような気がします。トモの緩さのこともありますが、気持ちが影響しているところが特に大きいような気がしますので、今の前向きさを競馬でも出してあげられるようにしたいですね。次走については出馬状況次第になるので具体的には決めていませんが、早くても来週以降になると思います。使えるところを選ぶことになりますが、ダートが全くダメというわけでもありませんし、考え方を固定しすぎないようにして柔軟に判断していければと考えています」(栗田徹師)

とうことで、長らく放置してた一口馬主近況を復活させてみる。

放置してた間にセイル君も引退して、残りはガリアーノのみ。

ってかセイル君、惜しかったけどなぁ、もうちょっと見たかったなぁ。

ということでガリアーノ。
いつの間にか関東の栗田徹厩舎に移籍してます。
でもって、1回東京で走ってくれました。
なので、見に行ったんだけど、結果はともかく内容は次に繋がりそうでした。
その辺の写真とかはそのうち上げます…

で、次走は来週以降だそうで。
出来れば芝で長めの距離が見たいな。