ガリアーノ

7/7  栗田徹厩舎
6日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒7-52秒5-38秒5-13秒5)。7日は軽めの調整を行いました。「こちらに来た最初の頃はなにかとヤンチャな面を見せていて手のかかるところがありましたけれど、今回はとても落ち着きがあります。これまでと違った一面を見せているのでどう捉えていいかは何とも言えませんが、精神的に成長しているのではとプラスに受け取っています。週末に15-15程度で動かして、水曜日にウッドチップで5ハロンから時計を出しました。これまでは終い重点でどちらかというと後ろから追いかける形の方が多かったのですが、今回は前半からしっかり動かし、先行して粘る形を行いました。追い出してから思ったほどガツンと行かずズブさを感じさせる動きでしたが、これまでと違ったパターンで追い切った影響もあったのかなという気がします。かかったり、止まってみたりと不安定な走りではありませんから、悪くないものと見ていいと思います。新潟開催を予定していて早ければ来週の競馬も視野に入れていたのですが、開幕週などはメンバーが揃う傾向があります。2週目は特別戦なのでどちらにウェイトが傾くか読みづらいのですが、できるだけメンバーが楽なほうを選びたいと思っています。いつでも行けるような調整をして、来週の状況を見て来週にするべきか2週目以降の競馬にするべきか決めていきたいと思っています」(栗田徹師)出馬状況次第で翌週以降にスライドする可能性はありますが、早ければ17日の新潟競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

なんだかちゃんとレースを考えててくれていいなぁ。
ただ、追い切りはイケてない><;
まぁ、こんなもんなのかな。
本番に期待したい。得意のマクリで。

ガリアーノ

6/30  栗田徹厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒7-40秒8-13秒7)。30日は軽めの調整を行いました。「前走後にいったん放牧へ出しましたが、その中間の気配を見ていても大きな問題は見られず、順調に乗り進めてもらえていましたので先週末に戻すことにしました。当初から予定していた新潟開催も近づいてきましたからね。帰厩して数日は普通キャンターで慣らすように動かしていましたが今週から時計を出し始めています。水曜日に時計を出しましたが、帰厩後最初の追い切りですし、4ハロンから時計を出して終いを伸ばすような内容に終始しています。それほど無理して出したものではないので目立つ数字ではないでしょうが、動きは悪くないですよ。この調子で調教を重ねていければ問題なく仕上がってくるでしょう。今週のダート戦を見ていても特別戦はメンバーが揃いやすいでしょうし、仕上がり次第ではありますが、基本的には一般戦を中心に考えて上位を狙っていきたいと思っています」(栗田徹師)7月17日の新潟競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

ということで、頭数がどのくらいになるのか、去年の同レースを調べてみると、15頭立て。
大変そうだなぁって、よく見ると、勝ったのはガリアーノと同じギムレット産駒のレッドアイで、しかも捲くり勝ち!
まぁ、能力の差はありそうだけど、期待していいのか!?

ガリアーノ

6/24  栗田徹厩舎
24日に美浦トレセンへ帰厩しました。

もう帰ってきた!
さすが栗田先生!
開幕週から行けそうだな。
相手が揃いそうで不安だけど。

ガリアーノ

6/21  榊原S
周回コースでキャンター調整を行っています。「その後もいい意味で変わりはなく、精神状態はいいレベルで安定しています。体のほうもいいですよ。以前は何となく全体的にグニャグニャした印象が目立っていましたが、最近はしっかりしてきたような気がします。関西からこちらへ移動して来たときは蹄が少し傷んでいて蟻洞の症状も見られたのですが、今は定期的に装蹄師に見てもらって、装蹄もエイクイロックで対応してもらっていることで状態に問題はありません。新潟開催に合わせて徐々に移動を検討していけるようにこれからも調整を進めていきます」(牧場担当者)

なんだかとてもいい感じ♪
期待してるよ~♪

で、2011/05/01のガリアーノの写真うぷ。
といってもイマイチで3枚だけ。。。
テクノブレイクゲ – 2011/05/01 ガリアーノ

ガリアーノ

6/15  榊原S
周回コースでキャンター調整を行っています。「先週かえってきましたが、この短期間で精神的に成長したように感じますね。なにか毒のようなモヤモヤしたものが抜けて顔つきも非常に良くなったように感じます。ここ3戦のレースで馬自身もどこか“気を抜いたらダメなんだ”ということがわかって前向きな心境になっているのかもしれませんよね。今朝調教師が来場したので一緒に状態を確認したのですが、レース後の肉体的なダメージはありませんし、心の状態も悪くない。今回の放牧の目的はあくまでもリフレッシュですから、この調子で緩めないように動かしていき、新潟開催に合わせて帰厩できるように調整していく予定です」(牧場担当者)

新潟開催目標って事で、よかった。安心。
まぁ、精神的なところはわかんないけど。