ガリアーノ

8/16  NF空港
角馬場でフラットワークを中心に、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを行っています。「脚元をはじめ体調面に不安はありませんでしたので、この中間から坂路入りしています。今後もリフレッシュを促しつつも、心身のバランスをしっかりと見ながら負荷をかけていければと思います」(空港担当者)

まぁなんとも。
無事に行ってねって感じ。

ガリアーノ

8/9  NF空港
角馬場でフラットワークを行っています。「先週こちらに戻って来て少しずつ動かし始めています。現状では極端に疲れを見せることはありませんが、次のレースで巻き返せるように、まずはしっかりと心身のリフレッシュを図っていきたいと思います」(空港担当者)

心身のリフレッシュ…
したいなぁ…(関係無い)
まぁ、とりあえず次開催待ち。

ガリアーノ

8/4  NF空港
4日にNF空港へリフレッシュ放牧に出ました。

ということで、前日の続き。
まぁ、ただの報告だけど。
というか、個人的にもちょっと病み気味なんで、いっしょにリフレッシュってことで。

ガリアーノ

8/3  函館競馬場
3日は軽めの調整を行いました。「輸送をクリアできたと思いましたし、流れに乗れればといいところもあるだろうと思っていましたが、ほんの一部でもいいところがあっていいはずなのに何もない走りでした。放牧から帰ってきて落ち着きがあるのはいい傾向かなと思っていましたが、却って気がなくなっているのか進んでいこうとしない気の悪さが出てしまっていました。出走回数を増やしてより皆さんに楽しんでいただければと思っているのですが、申し訳ありません。このままでは前進を見込むことも難しいので次走は条件を替えてみることになりました。メンタル面のリフレッシュも必要でしょうし、今週中にいったん放牧へ出して、体調等の問題がないようならば古馬の層が薄くなりやすい2回札幌開催あたりを目標にできればと考えているところです」(栗田徹師)近走の成績を踏まえて協議を行った結果、次走は芝の中長距離のレースを第一に考えながら調整していくことに致しました。4日にNF空港へ放牧に出し、順調ならば2回札幌開催を中心に調整を進めていく方針です。

まさかの引退回避w
芝の中長距離ってことで、期待していたとおり。
これで駄目なら諦めが付くし。

ガリアーノ

7/30  函館競馬場
30日の函館競馬は互角のスタートから最後方へ下げる。向こう正面から上がっていこうとするも、反応がなく最後方のまま9着。「前半は予定どおりゆったりと進めて、向こう正面で外から上がって行こうとしたのですが、ステッキを入れても全然反応をしてくれませんでした。馬群の中で気持ちを切らさないようにすれば幾らかいいのかもしれませんが、砂を被るのを嫌う面もありますから、乗り方が難しいですね」(吉田隼騎手)「美浦で追い切ってからの輸送でしたが、馬体減もそれほど大きくなかったですし問題のない状態で出走することが出来ました。ジョッキーにも途中から積極的に動いて行くように指示をしていて、そのとおりに動こうとしてくれたもののまったく反応が見られませんでした。春先からコンスタントに使ってきたことで、馬が走ることに対して前向きさを失ってしまっているような印象です。劇的に良化を望むのは少し難しいのかもしれません」(栗田徹師)頭数が手ごろでしたし、レース中盤からマクる競馬をするつもりでしたが、思うような競馬をすることができませんでした。今後についてはレース後の状態にもよりますが、近走の成績も考慮して判断を行いたいと思います。

全くいいところ無し。
で、引退っぽいお話…
残念ながら引退かなぁ。
もうちょっと別の条件も試して欲しいけどなぁ。