ガリアーノ

6/4  栗田徹厩舎
4日の新潟競馬では2コーナーまでは最後方を追走するも、向正面でペースが落ちると馬群を捲って2番手につける。直線では勝ち馬から離されてしまうも、最内からしぶとく伸びて3着。「二の脚がそれほど速くありませんでしたし、今日は極端な競馬をしようと思っていたので、後方から進めました。気持ちに難しいところがあるようですが、阪神で好走した時は長くいい脚を使ってくれていたので、ペースが落ち着いた向正面から思い切って捲っていきました。勝ち馬のほうが向正面でよりスムーズに反応して直線でも離されてしまいましたが、自分から動いたにもかかわらずゴール直前で盛り返して3着を確保してくれましたし、最後までしっかり走ってくれましたね。ここまでの走りからも気性面で当てにしにくい面はあると思いますが、最後まで悪いところを見せずに走れれば上位争いできる力を持っている馬です」(伊藤工騎手)「前回がブリンカーをつけて掛かっていたので外しましたが、ジョッキーがこの馬のことを考えてうまく乗ってくれたと思います。包まれるとあまりいいタイプではないので、外枠もよかったですね。直線でも窮屈な場所から最後まであきらめずに走っていましたし、きっかけを掴めた気がします。捲る競馬のできる新潟もいいかもしれませんし、この夏はなんとかいい結果に結びつけたいですね」(栗田徹師)ここ2戦は変わり身を求めて芝の短い距離を使ったものの、思ったような結果を残せませんでしたが、再度ダートに戻して騎手の好騎乗もあり3着と善戦してくれました。気性面で安定感を欠くこともあり成績にムラが出てしまいますが、これまでも500万下条件で連に絡んだことがあるように力は持っていますし、何とかこの好調を維持して次走ではさらに上の着順に食い込んで欲しいものです。今後はレース後の状態を確認してから決めることになりますが、状態が安定しているようならば中山開催かコース形態を重視して夏の新潟開催へそのまま向かうことも視野に入れて調整する予定です。

3着!!!
府中でモニター観戦してたけど、スタートして最後方、向正面で捲りと、無茶苦茶な風にも見えたけど、最後差し返して3着はよかった。
長くいい脚使えるけど、斬れないんで、捲る競馬があってるんだろうなぁ。
伊藤工真騎手も追える騎手でよかった。
ちょっと次も楽しみ。
まだまだムラがありそうだけど。

ガリアーノ

6/2  栗田徹厩舎
「想定を見たところ若手騎手限定戦が相手関係などもより良さそうに見えましたので、ここへ向かうことにしました。瞬時にギアが上がるタイプでもないですし、ここ2戦の内容から考えてもダートに変わるのは悪くないはずです。このレースで技術的にも上位と思える伊藤工真ジョッキーを押させることができたのもプラス材料ですし、レースで前進を見せて欲しいと思っています。あとは距離延長を考慮した最終調整をして土曜日のレースへ向かいます」(栗田徹師)4日の新潟競馬(4歳上500万下・若手騎手限定・ダ1800m)に伊藤工騎手で出走いたします。

で、結局今週出走!
新潟でダートで若手騎手限定。
11頭立てだし二桁着順は無いことを期待したい。
ってか勝って欲しいけど、どうだろうなぁ。
メンバーは薄いけど、ガリアーノ自身も誇れた成績じゃないからなぁ。

ガリアーノ

6/1  栗田徹厩舎
1日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒4-56秒3-40秒6-13秒2)。「先週いっぱいの様子を見ても問題なかったので今朝時計を出しました。柴山ジョッキーを背にウッドチップへ入って3頭のいちばん後ろから追いかける形を取ったのですが、相変わらず動きはいいんです。最内を通ったこともありますが、勢いが一番良かったですし、先着を果たしていますからね。ジョッキーも“500万下クラスは勝てる馬”と言ってくれているように持っているものはあるはずなのですが、やはり気持ちが影響しているのだと思います。ただ、これまではどこか頼りなかったり、フワフワするようなことが目立っていましたが、前走でブリンカーを着けた効果なのか普段からうるさくなってきました。ただ、それは手を煩わせるほどの悪いうるささではなく、前向きさも含めて元気が出てきたということでしょうから、それほど悪いようには捉えていないんです。明確な前進材料があるわけではありませんが、徐々にいいほうへ変わる要素は出てきているので、何とかしたいという気持ちが強いですね。今のところ新潟開催中に次走へ向かえればと思っていますし、今週でも対応は可能だと思っています。ダート戦を中心に考えるつもりで、想定などを見て状況次第で最終的にどうするかを決める予定です」(栗田徹師)

新潟でよろしく!頼むよ!
って、500万下クラスは勝てる馬って言われてもなぁ。
とにかく精神面!俺と一緒か…(精神面だけじゃないけど…)

ガリアーノ

5/26  栗田徹厩舎
25日、26日は軽めの調整を行いました。「ブリンカー効果は間違いなくあったと思います。ただ、前半の行きっぷりはいいけれど、ペースが上がったときにやや遅れを取ってしまいがちです。芝がダメということはないのでしょうが、スピードの変化が大きい芝のレースよりダートのほうがベターなのかもしれませんね。まだ決め付けてはいませんが、次回は芝に拘らずダートも視野に入れて考えたいと思っています。レース後の様子を見ているところですが今のところ変わりありません。池添厩舎にいたときはカイバの喰いが細くなりがちで使い込みにくかったようですが、今はだいぶ食べれるようになってきています。少しずつ中身もしっかりしてきているところなのでしょう。調教の動きも最初の頃に比べれば良化してきていて、ようやくいいほうへ変わってきているような印象を受けますから、何とか結果も少しずつ変えていきたいと思っています。今後については馬の状態と出馬状況などをもう少し見てから判断するつもりです」(栗田徹師)

ダートかぁ。。。
まだ使ってくれそうなのは嬉しいところ。
ただ次も二桁着順だとなぁ。
ダートになると登録頭数も多いし悩ましいところ。

ガリアーノ

5/22  栗田徹厩舎
22日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り、中団を追走。前半から行きっぷりは上々だったものの、直線で追い出すともうひとつ伸びきれずに14着。「トモが弱いのと集中力にかけるようなところがあるので頭が上がってくるかもと先生から聞いていたのですが、そのような格好になることはなかったですね。前半の行きっぷりも含めてブリンカー効果があったということなのではないでしょうか。ただし、直線は手ごたえほど伸びなかったですね。追い出してからもう少しグンと伸びてくれるかと思ったのですが、ジリジリした脚になっていました。そのあたりを考えると体がもう少しパンとして、よりいいフォームで走れるようになれば変わってきてくれるのではないでしょうか」(浜中騎手)一度レースを経験したこと、ブリンカーを装着したことで道中の行きっぷりは良化していましたが、これからというときに速い脚を使えず、直線の攻防では遅れを取ってしまいました。短期間で一気に好結果が出ることを望むのは難しいものですし、現在も試行錯誤している段階です。なんとか今の苦悩が今後につながってきてほしいと願うばかりです。今後についてはまずレース後の状態をよく見た上で検討していきます。

正直、ダメダメな感じなレース。
前走はまだ伸びかけたけど、今日はイイとこ無し。
ショックでした。
やっぱりダートのほうがいいのか、というかやっぱ忙しすぎるような…