ガリアーノ

5/18  栗田徹厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒1-52秒0-39秒6-13秒4)。「今朝の追い切りも先週と同様にウッドチップで行いました。少し離れた馬を追いかける形だったのですが、レース前などに見せていたズルさというか集中力が切れるような面を見せることはなく、仕掛けてからの反応もあったし、最後まで気持ちを見せてグッと伸びてくれましたよ。チークピーシズを着用していますが、そういった馬具の効果はありますし、一度使った上積みの分もあるのでしょう。今のところ今週か来週あたりの競馬を視野に入れているのですが、想定を見て今週にするか、来週あたりにするかをよく考えさせてください」(栗田徹師)

早くみたいなぁ。
芝がいいなぁ。
まぁ、どっちみち、今週と来週は見にいけそうも無いので、新潟あたりでいい走りして欲しいなぁ。
動きがいいのか悪いのかさっぱり分からんけど、チークピーシズに期待したいね。
レースでも着けてくるのかな。

というわけで、自分の予想スタイルを整理してみる。

①実績(特に近層の成績)
「そのレースを勝つ馬」=「1番強い馬」という訳では無いとはいえ、とりあえずどの馬が強いのかを、成績から判断。
(近走二桁着順ばっかりとかは余程の事が無いと消し)

②距離適正(実績)
特に距離が足りないとか長すぎとか。
数字だけじゃなくて、東京の千六ならスタミナがいるだとか。

③コース適正(実績)
左回りが得意とか、東京が苦手とか。

と、ここまでは要は実績。

④騎手
腕が一番重要だけど、乗り変わってプラスかマイナスか。

⑤展開
ペースとポジション。
スローなら前、ハイなら後といった当たり前の予想。

⑥やる気
そんなもん見えるか!って感じだけど、上位騎手に乗り代わりとか、そのレースを目標に仕上げたとかの情報からの勝負気配。
結局怪しい新聞の取材を鵜呑みに…

といったところを時と場合によって配分を変えて予想してるのかなぁ。

それ以外に買いたくなるのは、⑦関西馬の関東でのレースとか、⑧強い世代の初の古馬との混合戦とか、⑨降級戦の馬とか。
あまり買いたくないのは⑩昇級戦の馬とか、⑪ローカル(or関東)で好成績で本場(or関西)に来た馬とか。

⑫馬体重(パドック)…極端な増減とか、連続して減ってるとかじゃなければ気にしない(+2とか誤差だし、ボロするだけで変わるし)(見た目であんまりなのは却下だけど、前走も同じ感じだったらどうしようもない)
パドックも見ても結局「横」の比較(同じレースを走る馬の比較)じゃなくて「縦」の比較(その馬の過去との比較)が大事なんで、それが出来れば見たいけど覚えてられないのであまり参考にしない。
ただ、パドックで外目外目を回ってる馬とか、踏み込みのいい馬は好み。

⑬血統…完全度外視。もちろん、初コースとか、初距離とか新馬戦とかでは興味があるけど、基本的には実績が全て。
短距離血統だからって、前走同距離同コースの長いところを勝ってたりしたらもうどうしようもない。好みの血統はあるけど。

ということで、まとめても支離滅裂><;
なんとかもうちょっとまとめると「近走実績重視+適性+(騎手+関西or格上)」。
普通か…


2011/05/14(土)にレーシングエキスパートセミナー(REXS)の1回目に参加してきました。

府中には予定よりちょっと遅れて9時30分過ぎに到着。
駅で待ち合わせてたので、そこから歩いて、競馬場に。
入場券は8枚つづりを買ってたので、そいつで入場。

メインスタンドの上でやるのかと思ってたので、府中本町側から入って直ぐのインフォメーションで、「レーシングエキスパートセミナー」ってどこって聞いたら、「?」って感じで微妙に通じない…
間違えたか!?っと思ったけど、ちょっとベテランっぽい人が教えてくれて、どうやらメモリアルスタンド側らしい。
で、10時開始だったんだけど、ちょうど良く到着。
メモリアルスタンドの7階(普段は絶対入れない来賓席)へ。

あとは淡々と競馬新聞の見方とか馬券の種類とかのレクチャー。


講師は「長谷川雄啓」さん。
すごく分かりやすかったと思う(俺はもともと知ってるからかもしれないけど…)。
特に、距離別成績、コース別(左回り、右回り)成績、展開あたりを重点的にレクチャーしてたと思う。
ってか、穴馬を探すのはそのあたりからが面白いよ(人気馬の短所、人気薄の長所)と。
個人的にはほぼ同意。(あとは俺は騎手だけw)

エイトの記者(佐藤圭さん?(情報元はクワシマ))の話も聞いたけど、誰だったかは失念。(時計班って言ってたかな)
ってか新聞も無料提供なので、嬉しい。


昼飯(無料)はホテルオークラの弁当。
ちょっと冷めてて微妙だったかも。
写真が食べかけでスミマセン><;


馬券は5レースくらいから買い始めて、途中で乗馬センターに行って撮影など。
乗馬センターはしょっちゅう子供乗せに行ってるからいかなくてもいいかな(行く行かないを選べた)と思ったけど、せっかくなので。

その後パドックを見に行くけど、パドックの見方の話は馬券買ってて聞けてなかったので(パドックでは基本的に大声でのレクチャーは出来ないので)ただ見ただけ。
聞いたのは、尻尾のリボンの話くらいかな。
正直な話、個人的には馬見ても良く分からない(極端なのは除く)からなぁ。
見たいのは見たいけど、予想には全く直結せず…


でもって、ちょっとだけサクセスブロッケン!!!!!!

パドックからの帰りのエレベーターで、ここは天皇陛下も使ったって話に感動。
ただ、部屋は防弾の違う部屋だそうで。(そりゃそうだけど)
基本的にセレブっぽい人たちばっかりの場所で、あきらかに場違いな感じだったなぁ…

後は最終レースまでレクチャーの続きとか。
京王杯とかイイ席で見れてよかったんだけど、意外と見づらいかも。
慣れるまでは正直どの馬が来てるか分からんかったw

最後に誘導馬とウイナーズサークルで記念撮影。

で、肝心の馬券は全滅…
センス無さ杉><;
ワイドの万馬券当てた人とかいてすげーなと…
あと京王杯は当たったら賞品が貰えるみたいだったけど、結構ワイドとか複勝とかみんな当たってるし…
当たればいいんで、単か複か全部買ってやろうかとも思ったけど…

最後にウイナーズサークルで誘導馬と記念撮影。
あと長谷川さんとも記念撮影。

まとめとしては、競馬は負けても、自分で予想すれば楽しいよと、○ィズニー○ンドでお金使うのと変わらない(よりまし?)でしょと。いや、負けたら悔しいけどと…って話で〆。

というわけで、なかなか面白いセミナーでした。

ガリアーノ

5/12  栗田徹厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒7-54秒9-39秒5-12秒7)。「水曜日まではじっくり動かすことに主眼を置いて調整し、速いところは今朝から始めています。ウッドコースに入り、他馬と併せる形を取ったのですが、いい動きでしたね。追走から最内をまわる形だったのもあるのでしょうが、一度使われていい意味でピリッとしてきたようで、動きも前回より良くなっているような気がします。トモの緩さのこともありますが、気持ちが影響しているところが特に大きいような気がしますので、今の前向きさを競馬でも出してあげられるようにしたいですね。次走については出馬状況次第になるので具体的には決めていませんが、早くても来週以降になると思います。使えるところを選ぶことになりますが、ダートが全くダメというわけでもありませんし、考え方を固定しすぎないようにして柔軟に判断していければと考えています」(栗田徹師)

とうことで、長らく放置してた一口馬主近況を復活させてみる。

放置してた間にセイル君も引退して、残りはガリアーノのみ。

ってかセイル君、惜しかったけどなぁ、もうちょっと見たかったなぁ。

ということでガリアーノ。
いつの間にか関東の栗田徹厩舎に移籍してます。
でもって、1回東京で走ってくれました。
なので、見に行ったんだけど、結果はともかく内容は次に繋がりそうでした。
その辺の写真とかはそのうち上げます…

で、次走は来週以降だそうで。
出来れば芝で長めの距離が見たいな。

クラーベセクレタ強いなぁ。
そういえば、去年は羽田盃見に言ったなぁ。
弾丸ジャッキーも見たし。
シーズザゴールド、もうチョイ頑張って欲しいよなぁ。
ってか天皇賞、マカニビスティー の単複買って応援したんだけどなぁ。
惜しかった…><;