2015年9月27日(日) 阪神11R 神戸新聞杯のレース回顧

2015年9月27日(日) 阪神11R 神戸新聞杯のレース結果

DSC_0512

△○で馬単22.9倍的中!

△リアファルは逃げ切って圧勝。前走の準OP(限りなくOPに近い)勝ちはやはり伊達ではなかった。これで芝で2戦2勝。クリソライトのイメージもあってダートを使ってたんだろうけど、これだけ強いと菊でも可能性ありかも。逃げて勝つのは辛いと思うけど。○リアルスティールは福永じゃなくても勝てなかったかな。完敗。休み明けであることを差し引いても逆転は難しい。かつ距離がこれ以上伸びて良いとはいえない。トゥザワールド臭しかしないし、乗り替わったら面白いと思うんだけどね。

(無印)トーセンバジルは後ろからよく脚を伸ばした。(無印)バイガエシも随分成長した印象で、菊に出れれば面白そう。◎アルバートドックは残念としか言いようがない結果で7着。力はあると思うんだけど、久々で緩かったか。見せ場なかったので、ちょっとよくわからない。13着△マッサビエル、14着▲キロハナは更に見せ場なし。6着△レッドソロモン、8着△タガノエスプレッソは人気以上とはいえ、ちょっと残念。力差ではないかもしれないけど、上位2頭とは差がありそう。

馬券の方は、福永なので○リアルスティールを2着固定で馬単流しで、何とか的中。◎アルバートドックからの馬単が本線なだけに、いまいちなんだけど、ちょっとだけ救われた。

これで菊花賞に向けたトライアルは終了。春の実績とはガラリと変わった印象名だけに、ボーダー次第だけど1000万勝ちからくる馬にもチャンスはありそう。

予想, 回顧,

Posted by admin