2015年9月21日(月) 中山11R セントライト記念のレース回顧

2015年9月21日(月) 中山11R セントライト記念のレース結果

1着から最下位まで差が1秒もない大混戦。(無印)キタサンブラックが1着、2着に逃げ粘った(無印)ミュゼエイリアン(無印)キタサンブラックは軽視してたけど、やはり中山は得意の舞台、かつ2200を無難にこなした印象。これまで関東圏でしか走ったことない馬だけど、次はどこに行くのか。菊は流石に長いと思うけど。ということでここが本番だったのかもしれない。(無印)ミュゼエイリアンも毎日杯馬の力を見せた格好。展開に恵まれたとはいえ、差が決まる中山での粘りはよかった。

△ジュンツバサが3着で優先出走権を確保。底は見せては無いとはいえ、無難な印象。4着(無印)ウイングチップは惜しかった。これもまだまだ先がある1頭。△ベルーフは5着、○ブランドベルグは12着と血統から狙ってみた2頭は期待外れ。展開が向かなかったとはいえ、もうちょっと何とかなったんじゃないだろうか。

◎サトノラーゼン▲ブライトエンブレムは7着、10着と大敗。このメンバーだけに勝ち負けになってないと苦しい。展開も言い訳できない。本番も心配。

予想, 回顧,

Posted by admin