グレイスヒーロー

5/15 栗田徹厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒5-40秒7-14秒9)。「レース後の状態に変わりはありません。先週の東京は使いたいなと思っている芝のレースに空きがあって短い間隔でも出られていたようなので可能ならば今週から考えていきたいと思っているのですが、ジョッキーの状況を聞いているとそれなりに混んでいそうとのこと。いちおう今週から考えていけるようにするためにも今朝時計を出しました。朝早い組で馬場に入り、ウッドチップコースでの2頭併せの追い切りを課しました。相手を見ながら最後に体を並べてしっかり動かすようなものでしたが、少しブレはあったものの脚取り自体はしっかりしていたのではないかと思います」(栗田徹師)

5/22 栗田徹厩舎
22日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒4-53秒3-38秒9-12秒8)。「先週の2000メートルも視野には入れていたのですが、どうやら多そうという情報は早い段階で入っていたので厳しいことは予測できていましたし、今週以降のレースに備えて調整を行うようにしていました。今朝再びウッドチップコースに入れて追い切っていますが、動きはいい意味で変わらないものでした。調子はいいし、競馬に行った時に気難しさを出さないでいてくれればいい走りをしてくれると思うんですけれどね。悩みどころではありますが、この東京開催中で何とかしたいところですし、出走に向けて前を向いて取り組んでいます。ただ、2場開催になる分どこで出走できるかが難しいですよね。いちおう今週も頭には入れていますが状況次第になりますし、まわりの動向を見ながらタイミングをうかがっていきます」(栗田徹師)

5/23 栗田徹厩舎
25日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)に出馬投票を行いましたが、残念ながら非抽選除外となりました。今後は来週以降の出走を目指していきます。

5/29 栗田徹厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(52秒6-38秒6-13秒8)。「先週は残念ながら除外となってしまいましたが、そうなることも予想はできたので気持ちを切り替えて調整しています。幸い、馬の状態面に問題はないですし、順調に来ていますよ。再び今週の競馬へ向かえるようにと今朝追い切りをかけました。3頭併せのいちばん後ろから追走して終いを伸ばすものでしたが、しっかりと走れていて悪くない動きを見せてくれました。まともに走れれば良さが出るので何とかしたいところです。チークピーシズの効果は大きいように感じますから今回も当日の雰囲気に問題がなければ着用を検討しています。前走は馬具どうこうより初めてのダート戦で戸惑った部分が大きいと思いますし、改めという気持ちでいます。芝の1800m戦はやや厳しそうですが、入りそうならばそこへ、ダメそうならばまた改めて考えていくことになると思います」(栗田徹師)出馬状況次第ですが6月2日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)に出走を予定しています。

5/30 栗田徹厩舎
6月2日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)は非抽選除外になりました。このあとは来週以降の番組を見ながら検討していきます。

6/5 栗田徹厩舎
5日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒9-53秒4-38秒8-13秒7)。「なかなか思うように出走機会に恵まれないのが痛いところですが、体調を何とかキープして調整を続けています。今朝は3頭併せで後ろから伸ばすようにしましたが動きは良かったですよ。脚色でいえばいちばん優勢だったと思いますし、動きを見る限りでは調子落ちということはありません。チークピーシズをつけて走っているときの感触はとてもいいし、まともならば変わるはずなんですが、気持ちの面は競馬に行ってみないと何とも言えないところもあります。それ以前にまず競馬へ行けないことには始まらないのですが、何とかいい状態で送り出せるようにしっかり調整してレースで良さを引き出せるようにしたいですね。今のところ抽選になるかならないかという状況のようですが、入るようならば2000m戦へ柴山ジョッキーで向かう予定です」(栗田徹師)8日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に柴山騎手で出走を予定しています。

6/6 栗田徹厩舎
8日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)は非当選除外になりました。このあとは来週以降の番組を見ながら検討していきます。

6/12 栗田徹厩舎
12日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒7-54秒7-39秒8-13秒3)。「なかなかうまいこといかなくて申し訳ありません。先週は抽選まで行ったのにそれでもダメでしたからね。ずっと延び延びになるのはもちろんいいことではないのですが、何とか状態は保てていますし、変わらずにここまで来れています。中身はできているので今朝の調教に関しては精神面というか頑張れるかどうかの確認をするような追い切りにしました。併せて、一度前に出られてそこからグレイスヒーローが差し返すという形にしたところ、しっかりと対応してくれて、気持ちを出して盛り返す走りを見せてくれましたからね。稽古の動きだけでいえば本当にいいほうに変わってきているのはわかるので、何とかレースでそれを発揮してほしい。それ以前にまず出られるかどうかということになるわけですがマイル戦はさすがに厳しくなると思いますし、コーナー4つになりますがゆったり立ち回れる意味では悪くないと思うので2400m戦へ向かってみたいと思います」(栗田徹師)16日の東京競馬(3歳未勝利・芝2400m)に出走を予定しています。

6/13 栗田徹厩舎
16日の東京競馬(3歳未勝利・芝2400m)に北村宏騎手で出走いたします。

6/16 栗田徹厩舎
16日の東京競馬では道中中団からになるも、直線に向いても目立った脚を使えず17着。「返し馬で耳を動かして落ち着きがない印象はありましたが、それでもまだ我慢は利いていたと思うんです。ただし、レースに行ったら左のハミだけを噛んでモタれていました。気難しいところを考えて囲まれないように前々に行けるなら行きたかったのですが、この馬場で上滑りするところがありましたし、ハミの取り方などに慎重にならざるを得ませんでした。まともな競馬ができればこんなはずはないのですが、力を引き出すことができず申し訳ございません」(北村宏騎手)「もう少し前々から運べれば理想的だったのですが、馬場やハミ受けの影響もあり余計に難しい競馬になってしまいました。ダートから芝に戻してキックバックがなかったですし、スムーズに運べればまた違うと思うのですが、気持ちの面が悪い方に出てアンバランスな走りになっただけでなく、馬場を気にしていたことで最後は余力がなくなっていました。ハミ受けを良くするためにクロス鼻革を使っているのですが、改めて微調整していく必要はありそうです。結果を残せず申し訳ございませんが、自分の走りができれば上位に来る力はあるはずですし、何とかしていきたいですね。この後は少し間を空けて新潟開催を考えていく予定です」(栗田徹師)重くなった馬場が向かなかっただけでなく、気難しい面を出してしまい力を発揮できませんでした。この後はリフレッシュ放牧を挟む可能性が高くなりますが、最終的にはレース後の状態を見てから決めていきます。

6/19 NF天栄
19日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は申し訳ありませんでした。どうも苦しいところがあるとそうなってしまうのか走っているときの姿勢もひと息でしたし、ポケットに逃げるような格好をしてしまっていました。理想はもう1列前で自分のリズムを刻めれば良かったのでしょうが、他馬との兼ね合いもあって余計にそうなったように見えましたね。もちろん1頭で競馬をしているわけではないので文句は言えませんが、宏司も結果的には少し強引にでもひとつ前のポジションを取っていたらまた違ったかもしれないと言っていました。除外もあって出走がのびのびになってしまったことも影響してしまったのかもしれませんし、一回リセットして何とか巻き返せるようにしたいと思います。順調ならば新潟を目指すつもりですが、タイミングは天栄での状態を見ながら改めて検討していきます」(栗田徹師)

ということで、除外されまくって、最終的に東京芝2400m。
案の定大敗。。。
現地パドックでは馬体は良く見えたんだけど。。。
あんまり希望も無いけど、新潟の短いところでなんとかして欲しい。