グレイスヒーロー

10/20  栗田徹厩舎
20日の東京競馬では出遅れずに中団を追走。直線では外からジリジリ伸びるも4着。「前半は一生懸命に走り過ぎるところがありますし、そこで行かせてしまうと先々でコントロールが利かなくなってしまいますので、とにかく我慢させることに専念しました。それを考えると今日はスタートが良すぎるくらい。極端な話にはなりますが、現状では出遅れるくらいでもいいかもしれません。それでも、全体的に見れば少しずつ競馬を理解してくれるようになってきていて、今日は途中から落ち着いてくれた部分はありますし、最後まで伸びようとしてくれていますから、経験を積みつつさらに良くなってきてほしいですね」(内田騎手)「中間もゲート練習はやっていましたし、奇数枠で先に入れてもらった方が落ち着くための時間があっていいのかもしれませんね。ただ、ジョッキーが言うように普通にスタートを切ってしまうと力んでしまうから難しいですね。ペースを考えると行かせてもよかったのかもしれませんが、そうしてしまうと内田騎手に連続して乗ってもらった意味がなくなってしまいますし、我慢を覚えさせてくれたのは今後に活きるでしょう。ジョッキーもなんとか行かせないようにと、口角が切れてしまうくらい抑え込んでくれていました。今後については権利を獲ったものの、もう少し体に余裕を持たせて調整を行いたいと思っているので、いったん放牧へ出すことも考えています」(栗田徹師)まだ競馬を覚え込ませている段階でチグハグに映るかもしれませんが、それでも掲示板には来ていますし、競馬の形がしっかりしてくれば勝ち負け出来るだけの力量はあるでしょう。体もまだ幼い面がありますし、無理に使い続けるのではなく、適度に放牧を挟みながら出走させていきたいと思います。

うーん、何も見れてないので情報が無い。
でもって結果は4着。
スタートはかなりよかったらしい。
結果的には行かせて欲しかったかなぁ。

でもって、お休みかもってことだけど、使って欲しいけどなぁ。
使ってれば前進はあると思う。。。

と、特にどうする事も出来ないので、こんな感じで。
結構期待してたけどなぁ。残念><;

グレイスヒーロー

10/10  栗田徹厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「前走後からしっかり様子を見てきましたが、脚元を含めてダメージがドッと表面化してくることはありませんでした。そのことから次へ向けてじっくり乗り込んできています。次走についてはいろいろと考えましたが、1800mか2000mが理想かなと思いつつも、コントロールが難しい馬。できるだけコロコロとは手を替えたくなく、続けて乗ってもらえるほうがベターだと思うんです。ただ、1800m、2000mともに内田さんは乗れないし、メンバーもそれなりになりそうな状況なんです。それで悩んでいたのですが、内田さんサイドから“東京の1600mもじっくり運べるので悪くないのでは?”という提案がありました。確かに東京の2歳の未勝利戦であれば、余程のことがない限りハイペースになって最初からすごく急かされるようなことはないでしょう。中山での短縮ならば考えてしまいますが、東京コースならばマイルでも今意図していることから大きく外れるようなことにはなりにくいように思えますので、来週のマイル戦を本線に考えようかと思っています。今朝はじっくり乗るものにしていますが、タイミングを見ながら坂路を主体にしつつ乗っていって競馬に備えていくつもりです」(栗田徹師)20日の東京競馬(2歳未勝利・芝1600m)に内田騎手で出走を予定しています。

10/18  栗田徹厩舎
17日は軽めの調整を行いました。18日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒7-55秒3-40秒7-13秒0)。「今週は変則日程のため全休日明けが水曜日だったんです。土曜日の競馬を予定していますが、2歳馬ですし、いきなり休み明けの追い切るのは少し可哀想かなという気もしましたので、木曜日追いにすることにしました。朝一番で馬場に入って3頭併せの追い切りを行ったのですが、先行して体を併せる形でした。まだギアを隠しているような走りを相変わらずするのですが、動き、体調自体はいい意味で変わりなく来ていますし、いいと思うんです。各ジョッキーが口にするようにまだ競馬の仕方をわかっていないようなところがあるので、引き続き教えながら引き出しを増やしていければ理想的だとは思っています。内田さんも直線が長いに越したことはないという話をしていましたし、この条件で内容、結果ともに前進してくれればと思っています」(栗田徹師)20日の東京競馬(2歳未勝利・芝1600m)に内田騎手で出走いたします。

ということでもう出走。
でもってまた内田!
府中なんで生観戦のチャンスだったわけだけど、私用でいけない><
なんだか相手もたいしたこと無さそうだし、勝負になりそうなんだけどなぁ。
まぁ、見に行かない方が勝てるかもしれないし。。。

グレイスヒーロー

9/27  栗田徹厩舎
30日の中山競馬(2歳未勝利・芝1800m)に内田騎手で出走いたします。

9/30  栗田徹厩舎
30日の中山競馬ではゆっくりとしたスタートで後方を進む。直線は内に進路を取り苦しい中でもジリジリと脚を使い5着。「返し馬からバタバタしがちでしたし、レースでも急にガッとスイッチが入ったりして気持ちのオンオフの差がありすぎる感じです。体もまだ芯が入っていない状態ですから、苦しいのもあるのでしょう。気持ちも体もまとまりが出てくれば良くなると思いますよ。行かせてしまうとそれだけになってしまって余計に苦しくなるでしょうし、我慢させて最後に頑張らせる形を教えていったほうが終いに脚を使えるようになるはずですよ」(内田騎手)「正義さんが言っていたように内田さんも中間のギアのなさというかオンとオフの差が大きすぎることを言及していました。道中、コーナーなどで逆手前で走っていたり変なタイミングで手前に替えたりするのは体がまだグニャグニャだからというのもあると思うんです。気持ちのコントロールも課題ですし、まだ走り方を教えていかなければいけないのは確かでしょう。急にハミを噛んだりしますが、それで距離を詰めたり出していったりするとコントロールが利かなくなりますし、ゆとりのある条件で競馬をしていきこれまで以上の脚を使えるようにしていきたいです」(栗田徹師)続けて使うことで上積みを見込めましたが、レースへ行くと相変わらず気持ちの出し方、走り方が粗削りでまだまだ改善していかなければいけない内容でした。ただ、直線は苦しい中でも気持ちを切らさず伸びてきたあたりに見所を感じさせてくれますし、引き続き教えつつ原石を磨いていければと考えています。このあとはレース後のダメージ具合を見て続戦するか放牧を挟んでから次走へ向かうか判断していきます。

10/3  栗田徹厩舎
3日は軽めの調整を行いました。「先週は依然として課題の残る競馬の内容でしたが、まったく力がないわけでもないんです。まだ粗削りな面が目立ちますが、経験を積みながらいい走りができるようにしていかなければいけないと思っています。続けて使った分の反動がなければいいなと心配していましたが、今日までの様子を見ている限りでは問題なさそうですね。もうしばらくは様子を見ますが、問題ないようならば再度競馬へ向かうことを考えていきたいと思っています。内田さんも言っていたように目先のことだけを考えるとその後が本当に大変になってしまいますし、ゆったりとした条件で終いに頑張るように仕向けていきたいので、東京の1800m前後の競馬を考えていければと思っているところです」(栗田徹師)

ということで5着でした…
今回も府中のラウンジ席で観戦してたんだけど…

とにかく出遅れが痛かったなぁ。
あれがなければもうちょっとは上位争いできたかもしれない、とはいえ、今の状態だとこんなもんなのかなぁ。
まぁ十分チャンスはあると思えるんだけど。

で、続戦ということで、よかった~。
次は府中で生観戦行きたい!