ガリアーノ

10/15  栗田徹厩舎
15日の新潟競馬ではスタート後に挟まれる不利もあり後方を力みながら進む。なだめながら追走して後半勝負にかけるが、勝負どころで少し脚を使っただけで直線では思うような伸びを見せられずに8着。「前に馬を置いてゆったり立ち回って終いをしっかりと頑張らせるような競馬をすることを考えていたのですが、スタート後に両サイドから挟まれてしまいました。それによって馬が怒ってしまい、前半で掛かってしまいました。中盤では落ち着いて勝負どころでは自分から上がっていくような格好を見せてくれたんです。ただ、そのあとはジリジリとしか脚を使わず他と脚色が同じになってしまいました。前回のような変な格好はしませんでしたが、同じような脚になるのならば少なくともあと1列前のポジションにつけたほうがいいのかもしれません」(丸田騎手)「前回はびっくりするような脚を使ってくれましたし、再度驚かせてくれるのを期待したんですけれどね。ジョッキーが言うように前半でいきなりからスイッチが入った分、最後は気持ちが途切れたのかもしれません。今回が試金石だと思っていただけに残念ではありますが、短い間隔で臨んだ分がもしかしたらあるかもしれませんし、リフレッシュをさせてから巻き返しを図りたいと思っています」(栗田徹師)良さを見せてくれた前走の勢いそのままにさらなる前進を狙いましたが、序盤のロスが響き最後にグッと来るところは見られませんでした。最後に全神経を費やせるような形に持ち込むのが理想的ですが、今回のようなレースの展開にもなりやすいでしょうし、もう少し前のポジションでも頑張れるようになる必要があるのかもしれません。経験を積みつつ再び光が差してきてほしいものです。今回はローテーションがやや強行軍だったこともありますから、放牧に出して心身のリフレッシュを図ったのちに次走へ向かっていきます。

だめだー!
さいあく!
やっぱり厳しいなぁ。

まぁ、前残りの展開で流れが向かなかったってのもあるけど、そんな事言ってたらいつまでたっても勝負にならん!
どうにか前に行けないと。
逆に、8着って着順はイマイチだけど勝った馬からの差を考えれば展開一つでどうにでもなりそうではある感じはあったけど。。。

で、放牧ですか…
もっかい後半で同じ条件使って欲しいけど。。。

今回は特別戦だったんで、JRAサイトでレース動画見れて良かったけどね。。。