ガリアーノ

6/30  栗田徹厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒7-40秒8-13秒7)。30日は軽めの調整を行いました。「前走後にいったん放牧へ出しましたが、その中間の気配を見ていても大きな問題は見られず、順調に乗り進めてもらえていましたので先週末に戻すことにしました。当初から予定していた新潟開催も近づいてきましたからね。帰厩して数日は普通キャンターで慣らすように動かしていましたが今週から時計を出し始めています。水曜日に時計を出しましたが、帰厩後最初の追い切りですし、4ハロンから時計を出して終いを伸ばすような内容に終始しています。それほど無理して出したものではないので目立つ数字ではないでしょうが、動きは悪くないですよ。この調子で調教を重ねていければ問題なく仕上がってくるでしょう。今週のダート戦を見ていても特別戦はメンバーが揃いやすいでしょうし、仕上がり次第ではありますが、基本的には一般戦を中心に考えて上位を狙っていきたいと思っています」(栗田徹師)7月17日の新潟競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

ということで、頭数がどのくらいになるのか、去年の同レースを調べてみると、15頭立て。
大変そうだなぁって、よく見ると、勝ったのはガリアーノと同じギムレット産駒のレッドアイで、しかも捲くり勝ち!
まぁ、能力の差はありそうだけど、期待していいのか!?