2011/06/05(日)にレーシングエキスパートセミナー(REXS)の2回目に参加してきました。
というか今日!安田記念!

で、今回は何故か9時過ぎに到着。

待ち合わせの10時前まで入り口近くでボケーっとしてると、プリキュアが!

なんか変www

で、何とかギリギリセミナーに。

今回のセミナーは、BOOMERの「河田貴一」さんが講師。

さすがにボキャブラ見てた俺は知ってるけど…(というか世代)
目線ありがとうございます!
隣は途中から参加の「辻三蔵」(終わり良ければ全て良し)さん。

今回は騎手の話がほとんどといった感じ。
あとは、ポロシャツとスニーカーとミウラジェットの話w
最後のG1あとの最終レースについての話はよかった。


左がたぶん2レース目くらい。右が安田記念前。
さすがに凄い量の人。
G1を生で見るのはノーリーズンの皐月賞以来かな。
と調べたらノーリーズン被災してたのか…心配。

で、セミナー終了。
馬券は1レースも当たらず…人生オワタ\(^o^)/
ってか、セミナー2回来て、1レースも当たってないの俺だけじゃね?
人生オワタ\(^o^)/

少しだけ愚痴ると、安田記念は買えた。
ってか、2,3,4,6着の4頭BOX3連複&馬連を最終的には購入してたんだけど。。。
そもそも、ストロングリターンダノンヨーヨーあたりから買うつもりで、アパパネ消しで、を考えてたけど、ダノンヨーヨーがあまりにも悪い。
逆にパドックがよかったのは、スマイルジャッククレバートウショウリアルインパクト

で、マークシートには
1-2-7の枠連BOXを塗ったけど、、、
取り返せないので破棄!(失敗①)

で、なぜかどうしても当てたくなって、アパパネを追加…(失敗②)

いつもなら必ず買ってる(ってか今日もたくさん買った)戸崎が、東京競馬場での単勝期待値が低い(俺が思ってたよりも)という情報を今日もらった冊子で見てた、かつ、キャロットということでリアルインパクトを外して…(失敗③)

で、上記の3連複&馬連(失敗④)

失敗①、そのまま買ってれば当たってた。ホントにただのバカ、最悪です…orz
失敗②、なぜ突如ビビッた俺!ってかここまで1回も当たってない!というのがきつくて…orz
失敗③、なぜキャロットというだけで外すんだ俺!あと、冊子見るんじゃなかった…orz
失敗④、ワイドでよかった…コレは話にならない言い訳だけど…周りが結構ワイドで当ててるというのに…バカすぎる…orz

で、悲しい話はココまで。

その後はバックヤードツアーに。
まずはパドック。

その後、検量室に。
で、後藤浩輝騎手登場!
すげー!!
ムチについていろいろ教えてくれて、かつ最後に全員にサイン入りゴーグルをプレゼント!

カッケー!!
超高感度UP!!
これからは野次るの止めます><;
最終レースもかっこよかった!さすが!(ちょっと嘘っぽい…)

検量室では撮影できなかったので、写真は無し。
あとは馬場とか。

今日の観戦というかセミナーの場所は、この辺(7階)。

結局今回も馬券以外は楽しめたけど、馬券が…


ということで、ガリアーノの応援馬券の複勝とユニコーンSの馬連が見事的中!(ってかこの2レースしか買ってない!)
まぁ、ユニコーンSは固い結果だけど…(一応1,2,3着のBOXだからなぁ、3連複ならなぁ)
毎回コレくらい当たればいいんだけど、さっぱり当たらないことの方が多い…

ガリアーノ

6/4  栗田徹厩舎
4日の新潟競馬では2コーナーまでは最後方を追走するも、向正面でペースが落ちると馬群を捲って2番手につける。直線では勝ち馬から離されてしまうも、最内からしぶとく伸びて3着。「二の脚がそれほど速くありませんでしたし、今日は極端な競馬をしようと思っていたので、後方から進めました。気持ちに難しいところがあるようですが、阪神で好走した時は長くいい脚を使ってくれていたので、ペースが落ち着いた向正面から思い切って捲っていきました。勝ち馬のほうが向正面でよりスムーズに反応して直線でも離されてしまいましたが、自分から動いたにもかかわらずゴール直前で盛り返して3着を確保してくれましたし、最後までしっかり走ってくれましたね。ここまでの走りからも気性面で当てにしにくい面はあると思いますが、最後まで悪いところを見せずに走れれば上位争いできる力を持っている馬です」(伊藤工騎手)「前回がブリンカーをつけて掛かっていたので外しましたが、ジョッキーがこの馬のことを考えてうまく乗ってくれたと思います。包まれるとあまりいいタイプではないので、外枠もよかったですね。直線でも窮屈な場所から最後まであきらめずに走っていましたし、きっかけを掴めた気がします。捲る競馬のできる新潟もいいかもしれませんし、この夏はなんとかいい結果に結びつけたいですね」(栗田徹師)ここ2戦は変わり身を求めて芝の短い距離を使ったものの、思ったような結果を残せませんでしたが、再度ダートに戻して騎手の好騎乗もあり3着と善戦してくれました。気性面で安定感を欠くこともあり成績にムラが出てしまいますが、これまでも500万下条件で連に絡んだことがあるように力は持っていますし、何とかこの好調を維持して次走ではさらに上の着順に食い込んで欲しいものです。今後はレース後の状態を確認してから決めることになりますが、状態が安定しているようならば中山開催かコース形態を重視して夏の新潟開催へそのまま向かうことも視野に入れて調整する予定です。

3着!!!
府中でモニター観戦してたけど、スタートして最後方、向正面で捲りと、無茶苦茶な風にも見えたけど、最後差し返して3着はよかった。
長くいい脚使えるけど、斬れないんで、捲る競馬があってるんだろうなぁ。
伊藤工真騎手も追える騎手でよかった。
ちょっと次も楽しみ。
まだまだムラがありそうだけど。