一口馬主近況(2011/05/26)

ガリアーノ

5/26  栗田徹厩舎
25日、26日は軽めの調整を行いました。「ブリンカー効果は間違いなくあったと思います。ただ、前半の行きっぷりはいいけれど、ペースが上がったときにやや遅れを取ってしまいがちです。芝がダメということはないのでしょうが、スピードの変化が大きい芝のレースよりダートのほうがベターなのかもしれませんね。まだ決め付けてはいませんが、次回は芝に拘らずダートも視野に入れて考えたいと思っています。レース後の様子を見ているところですが今のところ変わりありません。池添厩舎にいたときはカイバの喰いが細くなりがちで使い込みにくかったようですが、今はだいぶ食べれるようになってきています。少しずつ中身もしっかりしてきているところなのでしょう。調教の動きも最初の頃に比べれば良化してきていて、ようやくいいほうへ変わってきているような印象を受けますから、何とか結果も少しずつ変えていきたいと思っています。今後については馬の状態と出馬状況などをもう少し見てから判断するつもりです」(栗田徹師)

ダートかぁ。。。
まだ使ってくれそうなのは嬉しいところ。
ただ次も二桁着順だとなぁ。
ダートになると登録頭数も多いし悩ましいところ。