クゲケンイチ

20090518.jpg
一口愛馬「カラベルラティーナ」の久々の出走。
いつもの事ながら休み明け。
いい加減放置は勘弁して欲しいよ…
で、パドックは若干入れ込み気味だったかな。いつもと比べると。
体重はちょっとだけ戻ってていい感じ。
まだまだ細いかも…
で、レースはゲート出がいまいち(斜めに出た?)で、後方から。
直線で手ごたえはあんまりなさそうというか前が止まらない展開。
でも、ウチパクの腕もあって、最後は伸びて4着。
うーん、せめて3着までに入って欲しかったなぁ。
勝った馬はパドックも良かったし、ちょっと相手が悪かったかな。
カラベル的には昇級初戦であることを考えると上出来だけど…
で、レクチャー。
・ウチパクはカラベルをかなり褒めてた(頑張ってる、馬郡の中でも怯まない、よく走ってる)
・奥平はウチパクをかなり褒めてた(よく追ってくれた、見習いたい(ちょっと意味不明?))
・奥平はカラベルをちょっと褒めてた(このクラスでも頑張ってる)
・奥平は次は府中の最終週を考えているらしい
・でも山元に出すらしい
・まぁ脚元を見てらしい
・府中の最終って事はダートの千六か?(社員談)

16日の東京競馬ではややスタートで立ち遅れ後方からの競馬を強いられるが、最後までしっかり脚を伸ばし4着。「逃げ馬の後ろの2、3番手につけて進めたいと思っていたのですが、スタートで躓いてしまい、後ろからの競馬になってしまいました。昇級戦だった上に、それで厳しい展開になってしまいましたが、馬群の中でも怯まず走って、最後もいい脚を使ってくれました。普通にスタートを出ていればもっと際どい勝負になっていたでしょう。それでも揉まれる競馬でラストまでしっかり走れたことが、今後にとってのいい収穫だったと思います。頑張って走って本当に偉い馬ですよ」(内田騎手)「今日も返し馬をジックリやってもらうようにジョッキーにはお願いしていました。昇級初戦で今までとは違う流れの競馬になってどうかと思っていましたが、最後まで諦めずに走ってくれましたし、ジョッキーも一生懸命追ってきてくれました。ゲート内でこすってしまい、斜めに出るようなスタートになってしまったようですが、そのあとのキツい競馬を経験したことは、馬にとってもよかったと思います。ただ、その分レース後の反動がいつも以上に出ることも考えられるので、しっかり見ておきます」(奥平師)厳しいレースになりましたが、見どころのある内容を見せてくれ、このクラスでの走りが非常に楽しみになりました。体質面を考慮し、週中に山元トレセンへ放牧に出す予定です。その後は状態を見極めながら、次開催の東京最終週あたりでの復帰を視野に入れています。

ってな感じ。
また放置か…勘弁してください><;
4歳上1000万下|2009年05月16日|レース|Um@SQL