クゲケンイチ

一昨日(GW初日)、D.M.C(デトロイト・メタル・シティ)×TOWER RECORDS×??? イベントに行ってきた。
20070429.jpg
なぜかそこいたDMC!!
哲はちょっと体調不良で元気が無かったけど、なんとか写真をいっしょに撮ったw
20070429_3.jpg
で、漫画と缶バッチとTシャツを購入して帰宅。
ちょっと「お遊戯的な事なら外でやってくんない?」って感じだけど、「Go to DMC!!」
にしても相変わらず渋谷は人が多い!
途中で雨降ったりいろいろあって疲れた…

クゲケンイチ

最近、競馬関連ばかりで、このサイトに相応しくないので雑記をwww
先週の日曜だけど、元祖とろカツカレーの店に行ってみた。
ギャル曽根が来ていたらしいパウかわさき店へ。
20070429_2.jpg
で、写真のとろカツ3本のせカレー(15分で食べると無料)に挑戦!

・・
・・・
絶対無理!
5分経過、半分残してギブアップ…
(写真も撮ったけど、食い掛けは汚らしいので未掲載)
これをギャル曽根は5分もかからず食べてたもんなぁ…
ってか、大食い(早食い)で無料はいろいろ挑戦したけど、全部失敗><
もうやめよう…
ギャル曽根 BLOG
ギャル曽根 – Wikipedia
元祖とろカツカレーの店:ホームページ

クゲケンイチ

カラベルが遂に初勝利をプレゼントしてくれたけど、2005年産の現2歳馬は1頭も所有していない状況。
今までも何度も出資しようとしたんだけど、以下のように失敗の連続…
第1候補 フォーカライズ 牡
(父シンボリクリスエス、母フォーカルスター)
第1印象で決定。
ハガキ出すのが間に合わず落選。
キャンセル馬募集でも1番に売切れ。
現在順調(ハロン16秒)。
第2候補 クラトス 牡
(父マヤノトップガン、母サイレントビーナス)
父トップガンが決め手。
1.5次(1次落選者用?)で満口。
1次にハガキが間に合わなかったんで参加できず。
キャンセル馬募集でも電話繋がらず。
現在普通。相変わらず細いね。
第3候補 ネルソンタッチ 牡
(父アフリート、母ビッグエリザベス)
ビッグ流れということで決定。
1次で満口。
キャンセル馬募集でも電話繋がらず。
現在順調。
第4候補 バイヨン 牡
(父ダンスインザダーク、母ティエッチダンサー)
ダンスでこの値段は安い。
でも逆にぁゃιぃ
1次で満口。
キャンセル馬募集でも電話繋がらず。
現在普通。
と、まず牡だけを選んで失敗。
その後順調そうなルミナリエに行こうと決めたけど…
第5候補 ルミナリエ 牝
(父タニノギムレット、母スリークドレス)
デビューが近そう、見た目も好きなので決定。
だけど購入前日に満口(一気に減り杉!)。
現在、もう入厩してる!
と、また失敗…
去年のカラベルも順調さが最終的な決め手だっただけに、ルミナリエも行きたかったんだけど…
そもそも自分が出資馬を選ぶ基準はなんなのかを列挙。
1.順調度:この時期に選ぶのなら必須、故障もち、体質が弱いのは辛い。
2.血統:好みなのが第1だけど、夢がある感じ(結局主観)ならば。
3.馬体:よくワカランけど好みで。
4.顔:すっきりした顔立ちが好み。
5.厩舎:キャロの振り分け方だと重要?
で去年の出資馬を当てはめると、
カラベルラティーナ
1.順調度:結構順調で、早期デビューを果たすも骨折。
2.血統:選んだ頃クロフネに勢いがあったし初子で父も2年目と若い。
3.馬体:普通
4.顔:好み
5.厩舎:若くて有望だけどクラッシャー?→現在リーディング2位。
フェイジョア
1.順調度:そこそこ。結果年明けデビュー。
2.血統:パリスナポレオンの弟、だけど血は古い。
3.馬体:バランスイイ。
4.顔:好み
5.厩舎:成績はイマイチ。
といった感じ。
去年の残口有馬(キャロット2005)の中から先週2頭勝ち馬が出て、3頭勝ち上がりとやっと調子も良くなってきた。
(逆に80%以上がまだ未勝利、28%が抹消、44%が未出走…)
特にオリジナルカラーは出資候補だったんでちょっぴり悔しい。
新人宮崎北斗騎手の初勝利馬としてずっと記録に残るしな~。
(初騎乗もこのレースじゃないけどオリカラ!)
で、今年はまず字面だけ見て検討した結果が、これ(キャロット2006)。
馬体写真と顔を見て決めたいけど、まだまだ売り切れそうにないのでじっくりと…
と、長くなってきたけど、残口有馬にプラスして、オーストラリアのセリ(2007 AUSTRALIAN EASTER YEARLING)で落札したと思われる2頭にも注目。
Damaschinoの05
牡・鹿毛・2005/08/26
父:Red Ransom
母父:Last Tycoon
生産:BELLERIVE STUD, Scone.
値段:$80,000(約800万円)
写真
カタログ
Sunday Valentineの05
牝・鹿毛・2005/10/07
父:Flying Spur
母父:Sunday Silence
生産:BELLERIVE STUD, Scone.
値段:$170,000(約1,700万円)
写真
カタログ
まぁ、募集されるかも分からんし、募集価格も不明だからなんとも言えないけど。
たぶん両馬共に3,200万円(落札価格+経費(1,000万くらい?)+キャロの取り分*牡牝補正)募集か?
というわけで結論が見えないけど、まだまだ検討中ってことで。
何かアドバイスがあれば下さい。

クゲケンイチ

と、カラベルのおまけで新東京競馬場を。
長いこと工事してたスタンドがやっと全部完成したってだけで、前からほとんど出来てたけどね…
20070423.jpg
まず、富士山なんか見えやしねぇ、フジビュースタンド。
強風吹き荒れて酷評されてます…
新しいのは気持ちよくていいけどね…
ってかパークウィンズの時から既にあったからなぁ…
まぁ綺麗なだけが取り柄。
20070423_2.jpg
で中の一部。
まぁJRAのサイトでも見れば綺麗なのは分かるので、なんか謎な場所を撮影。
何のためにポスターが並んでるんろう…
ここだけ人いないしw
20070423_3.jpg
続いて正門近くのなんとかガーデン(ローズガーデン?)にいたお馬さん。
でかいね。
よく分からんけど、みんな携帯で写真撮ってたw
20070423_4.jpg
何の意識もなく適当に選んだ4頭のダービー馬のパネル。
ディープの前に居座ってる奴がうざかったw
20070423_5.jpg
続いて、競馬博物館の全周映像のとこ。
20070423_6.jpg
3Dとのことなんで、専用眼鏡着用。
で、内容はイマイチだな…
昔の普通の奴の方がよかっったよ。
全周とはいえ、プラネタリウムみたいに繋がってないからなんか微妙なんだよなぁ…
桜がちってるとこくらいが見所w
20070423_7.jpg
おで、お昼休みにパドックを周回してたウイチケとレガシー。
ウイチケもセン馬なんだなぁ…
20070423_8.jpg
最後に、こういう時についつい買ってしまう記念グッズの東京競馬場のダートコースの砂の入ったキーホルダー(左下)と、それを買ったらついてくるクジの末当のピンバッチ(右上)。
まぁ、カラベルも丁度ダートで走って勝ったので丁度いいかなw
といった感じな、東京競馬場。
広いんで、歩くだけで結構大変だな。
食い物は高いので買わない、よってレポート無しw

クゲケンイチ

カラベルラティーナ
(写真は、2007/04/21 カラベルラティーナ写真に)
一口愛馬カラベルラティーナの3戦目(復帰戦)。
1レースに出走なので、平日と同じように起きて、IPATで確認(2番人気)しつつ単勝馬券購入しスーツを着て府中へGO!
9時過ぎに府中本町に到着すると、結構人が多い。
朝からこんなに来るもんなんだなぁ。
で、東京競馬場グランドオープン記念の特別入場券を買って、オッズカードを貰って入場。
記念グッズ(東京競馬場のダートの砂入キーホルダー)を買って、パドックへ。
パドックも人多い…
いつもの定位置(横断幕の正面)は取れなかったけど、何とか最前列へ(席取りの新聞が貼ってあってけど無視w 席取り禁止だろw)
馬体重が+14kで一安心しつつちょっと待つと出てきた~♪
カワイイ♪
それにしても、+14kとは思えないスラッとした体に、冬毛が目立つ馬体。
これで人気落とすと嬉しいけどなと思いつつ撮影。
3着に来たシルキーキュートが目の前で寝っ転がったりしてちょっとビックリw
で、漏れと6歳差(上)の奥平先生登場。
ダンディーだw
で、漏れと6歳差(下)の松岡登場。
うーん、若いなw
まぁ、特にパドックで問題は無し。
ダッシュで応援馬券を買って、本場馬へ。
で、本場馬入場を見守る。
まぁダートなんで遠いからなぁ、特に何も無し。
って勝ったら口取りがあるんで、荷物を預けに。(預けなくても、キャロの人が持っててくれるみたい)
その後、ゴール板前が空いていた(ブルーシート貼ってあったが無視w 朝から場所取るなw)んで、そこで観戦。
緊張のスタート。
普通に出た!
そして道中は先頭!
いいぞ!!
4コーナーでも手応え十分。
回りと比べても1頭だけ手綱が動いていない!
でも、詰め寄られてちょっと心配、直線長い!!!
と、最後ちょっと追ったら4馬身突き放して圧勝♪
松岡最高!!
カラベルと漏れの初勝利に感動して、口取りの集合場所へダッシュ(走りながらガッツポーズw)
施設内を通ってウイナーズサークルへ。
(中は競馬教室で入ったことあったので特に感動無し)
奥平先生、松岡騎手、カラベル登場!
間近で見るとカラベルはホント冬毛が目立つ。
息づかいも荒い。
ホント、よく頑張ってくれたよ。
以下適当に聞いたコメント。
奥平先生「骨折させてしまって申し訳ない。小さいのによく頑張ってくれた。(芝のレースも選べる立場だけど)骨折休養明けなんでダート戦を使ったが、血統、蹄、繋からもダートは悪くないと思った。メンバーも弱いし。結果、時計も優秀でよかった。次走は状態を見て。」
松岡騎手「今日も物見していた。スタート直後は足元の砂を気にするほど。逆に息が入ってよかったかも。ダートはイイ。」
次も期待できる勝ち方でホントよかった。
奥平先生もリーディングに並ぶ大活躍。
松岡騎手も絶好調、次も乗って欲しい!
以上、最高のカラベル(と漏れの)初勝利(記念すべき東京競馬場グランドオープン最初のレースで優勝♪)なカラベル3戦目でした。
結果

動画が見れないのが寂しい…誰か下さいw
無事見られました!!