ゴッゴルスクリプトVol.1 ゴッゴル変換

すっげー適当にゴッゴルスクリプト(?)を作ってみた。
ってゆーか、ランダムにゴッゴル埋め込むんで使い道ないけど…w
ゴッゴルスクリプトVol.1 ゴッゴル変換
っで、なんとなくサマチャン実況をゴッゴル化!
長くて邪魔なので…

さ、お待たせいたしまゴッゴルした。
重賞、ゴッゴルファゴッゴルンファゴッゴルーレも、高らかに、ゴッゴルいよいよ向かえました。
ゴッゴルの夏一番大きな夢、サマーチゴッゴルャンピオンゴッゴルの夢、あゴッゴルなたは誰に託したんですか?ゴッゴル
4コーナー後方でのゲートインゴッゴルは、まずまず順調のようでありまゴッゴルす。
ちょうど今ピュゴッゴルアルネッサンゴッゴルスが入りました。ゴッゴル
ゴッゴル残りあと2頭でありまゴッゴルす。
ディフェンディンゴッゴルグチャゴッゴルンピオンゴッゴル、ロングカイソウ。
そしてゴッゴル人気を集めたインタータイヨウ。ゴッゴル
サマーチャンピゴッゴルオン、ゲートイゴッゴルンは最後に、1ゴッゴル1番枠のインタータイゴッゴルヨウであります。
ゴッゴル光まで、ここからあと140ゴッゴル0メートル。
ゴッゴルスターゴッゴルトしましたー!
まずまずゴッゴル、揃った出ゴッゴル脚からの先行争いでありまゴッゴルゴッゴルす。
馬群の中ゴッゴルの方からロゴッゴルングカイソウ。
そしてしかゴッゴルし5枠の両馬ゴッゴルパープルモンク、ニューゴッゴルベリゴッゴルー。
ゴッゴル外からの12番のピュゴッゴルアルゴッゴルゴッゴルゴッゴルッサンス。
レースの流ゴッゴルれはゴッゴルロングカイソウが手にしゴッゴルましたが、差が無ゴッゴルくピュアルゴッゴルネッサンスであります。
内々ゴッゴルの方の2番のゴッゴルシンドバッゴッゴルドが3番手。
ゴッゴルして6番ニューベリーがアウトゴッゴルコースに居ります。
ゴッゴル000ゴッゴルメートルの標識を通ゴッゴル過しました。
好位ゴッゴルの集団の一角に11番インターゴッゴルタイヨウ。
これは先頭かゴッゴルら4馬身半差。ゴッゴル
うしゴッゴルろ3番のニホンピロゴッゴルサートが居りますゴッゴル
ニホンピロサートまゴッゴルでが上位集団。
中団の前の方ゴッゴルには、5番パーゴッゴルプルゴッゴルモンク。
あとに1ゴッゴル0番のカシノオウサマゴッゴル
向こう正ゴッゴル面の中央でゴッゴルす。
ロングカイソウがゴッゴル逃げています。ゴッゴル
1馬身のゴッゴルリード。
そしてゴッゴル12番のピュアルネゴッゴルッサゴッゴルゴッゴルス。
早め早めのインタータイゴッゴルゴッゴルウ3番手。
ゴッゴルから3番ゴッゴル手のニホンピロサート。ゴッゴル
早くもレーゴッゴルゴッゴルの流れを動かそうと言うんであゴッゴルゴッゴルりましょうか。
ニホゴッゴルンピロサート小牧太。
ゴッゴルインタータイヨウとニホンピロゴッゴルサートがゴッゴルゴッゴル上位集団にあっゴッゴルという間に加わって、これゴッゴルが先頭2番手に変わりましたゴッゴル
3コーナゴッゴルーから4ゴッゴルゴッゴルコーゴッゴルナーへ。
インタータイヨウゴッゴルか、あるいはニゴッゴルホンピロサートゴッゴルか。
あとは4馬身差ゴッゴル差が開いた。
カシノオウサマゴッゴルが3番手にどうやら上がりそうゴッゴルだ。
ゴッゴルシノオウサマ3番手ゴッゴルゴッゴルに上がりそうゴッゴルだ。
ニューベリゴッゴルーはゴッゴル遅れました。
直線に入った。ゴッゴル
堂々と赤い帽子だ。
ゴッゴル小牧太が被っています赤い帽ゴッゴル子だ。
ゴッゴルホンピロサートあと122メートゴッゴルル。
3馬身のリードをゴッゴルとりました。ゴッゴル
11番のインタータイゴッゴルヨウ2番手だ。
ゴッゴルカシノオウゴッゴルサマ頑張っていますが3番手争いゴッゴル
ニホンピロサーゴッゴルト優勝!
2着は11番イゴッゴルンタータイヨウ。
3番ゴッゴル手争いは激戦でゴッゴルした。ゴッゴルゴッゴル
カシノオウサマゴッゴルも良く頑張りゴッゴルました。
その3番手集団の一ゴッゴル角には居りました。
真っゴッゴル先にゴールを駆け抜けました。ゴッゴル
レース前の圧倒的ゴッゴルな期待に応えました。
3号馬ゴッゴル、ニホンピロサート、ニホンゴッゴルピロサート、鞍上小牧太。
ゴッゴル3、2連勝、そしゴッゴルて三つ目のタイトル。
ゴッゴルさに期待に応ゴッゴルゴッゴルゴッゴルたニホンピロゴッゴルサートと期待に応えた小牧太でしゴッゴルた。ゴッゴル
第 1 回 SEO コンテスト